キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 バイク売却の買取以外のメリット?デメリット : バイクのお役立ちレポート

バイク売却の買取以外のメリット?デメリット

バイクのお役立ちレポート

バイク買取以外のバイク売却方法は、個人売買、オークション、下取りがありますが、それぞれメリットとデメリットがあります。

新着記事

  • バイクの査定ポイント

    中古バイクの査定ポイントはバイク全体の歪みの有無、エンジンの異常の有無、全体の傷や凹み、錆び、日焼け、カスタムの有無などです。

  • バイク売却の買取以外のメリット?デメリット

    バイク買取以外のバイク売却方法は、個人売買、オークション、下取りがありますが、それぞれメリットとデメリットがあります。

バイク売却の買取以外のメリット?デメリット

バイクを売るとなった場合、買取という方法がもっとも手間がかからず、比較的高値で売ることができると予想されるのですが、バイクを売るにはその他の方法も幾つかあります。

それぞれメリットとデメリットがありますので、買取以外で自分にあった方法があるかをチェックしてみましょう。

まず、身近なところから、バイクの個人売買という方法があります。

知人や友人にそのバイクを欲しいという人がいたら、個人的にバイクを売るという方法です。

個人売買のメリットはなんと言っても中間業者がいないので余計なマージンが掛かりません。

ただし、知人や友人ということで高値が付けにくかったり、支払をしてもらえなかったりというリスクの可能性がデメリットがあります。

そして二つ目はオークションです。

ヤフオクなどをチェックしてみるとバイクの出品もかなりある様です。

オークションのメリットはこだわりのあるバイクを同じ価値観の人が見つけることによって思わぬ予想以上の高値がつくという場合です。

また出品時にバイクの悪い点を上げていてもそれを納得した上で入札してもらえます。

デメリットは輸送の手間が思った以上に掛かること、個人間の取引のため、取引後にクレームなどのトラブルのリスクがあることなどです。

三つ目はディーラーに下取りをしてもらうということです。

これは新しいバイク買い替えの場合に有効です。

乗り換えるということで、新車の割引という意味合いで買取店よりも高値で下取りをしてもらえる可能性があります。

ただし、買取店などで稀少価値があるとして高値がつくというバイクであっても通常の価格での取引になるという可能性があります。

Copyright http://www.diabete-france.com/. AllRights Reserved.